NEW POST

Ahimsa(アヒムサー)非暴力


b0322240_14005729.jpg


実は最近、ヨガへの感心が薄れて
クラスをやっても満たされない
空虚感を感じていました。

朝起きると肉体のどこかに
必ず痛みを感じ
悪化しないようにそろりと動き始め
夜にはメンテナンスが必要で
今日もどうにかクリアできた・・・
そんな繰り返しの毎日。
時に、私のヨガは私のために
なっているの?
ヨガが好きで好きで
たまらない頃は、肉体が痛くても
嫌なことがあっても
今日もヨガができてシアワセ・・・
そんな毎日でした。

ヨガが必要ないと思った事は
これまで一度もありませんが
ヨガが辛いと思う時はあります。
精神的に強い状態のときは
肉体に負担があったとしても
いくらでもカバーでき
バランスを保つ事ができますが
精神的に辛いときは
肉体的な負担がとても大きく
持ち堪えられなくなります。
それは、私がアサナを中心とした
プラクティスをしてきて
心を調えていなかったから
と、感じました。

これまでに、幾つかの素晴らしい
ティーチャーズトレーニングを受け
アサナのプラクティス方法以外に
プラーナヤーマ(呼吸法)や
メディテーション(瞑想)など
八支則を学んで来ました。
けれど、アサナしか深める事が
出来ていない事に
心身のバランスが保てなくなって
きたのだと感じました。

先日、インフルエンザに犯されて
体の激痛にうなされた時
丸々二日間寝り続けたら
肉体の疲労という疲労が
見事に取り除かれて
久しぶりに痛みの無い肉体を
感じる事が出来ました。
あんなにしんどい思いをしたのに
なぜ、こんなに心身が軽く
スッキリとしているのか
不思議なくらいに・・・
で、そのあと一気に身の回りの
解決出来なかった事が
クリアになってきたのです。

上手く説明できないのですが
オールアウトに成った時
自分の中で何かのスイッチが
切り替わったような感じです。

そして、2月のクラス構成を
考えている時にも
道しるべみたいなものに
スーッと引き寄せられるかのように
アサナばかりではヨガではない
Yoga Philosophy(ヨガ哲学
を実践してこそ
日常でのヨガの実践になることを
しっかりと感じました。
自分の中でのヨガ哲学は
日々の暮らしの中に存在するもの
自然体で、様々な思考する際に
それを指針に感情の平安とバランスを
保つようにしてきました。
けれど、自分だけでなく
一緒にヨガをする生徒さんとも
ヨガ哲学をシェアし
アサナのプラクティスと共に
伝えていくことで
心身のバランスが保て
肉体の辛いときは心が支え
心身一如の言葉どおり
自身がバランスをたもつことに
繋がると思いました。

ヨガをフィットネスにするのではなく
心身のあり方を導く
教えであり哲学として
伝えて行きたいと思うのです。


と、言うことでここからが、本題!
2月からのクラスでは
アサナの練習と同時に
八支則のヤマ・ニヤマを含めた
実践を行ない
ヤマ・ニヤマを体現する
ポーズの持つ意味とチャンティングにも
少しずつ触れて頂きたいと
思っています。

2月のテーマは
【ヤマ・アヒムサー/非暴力】
クラスでのチャンティングも
試してみて欲しいのです。
”Lokah samastah sukino bhavantu”
(ロカ サマスタ スキノ バヴァントゥ)
「生きとし生けるもの全てが平安でありますように」
という意味です。
内側に響く心地良さを
感じてみてください。


今年のヨガクラスのテーマは
ヤマとニヤマを実践!
マインドフルネスに
ヨガ哲学への再認識に務めます!!
知っていても
実践しなければ薄れて行きます。







[PR]
by miyuki-nkgw | 2017-02-03 08:30 | ヨガ哲学 | Comments(0)

毎日のご飯を丁寧に作る。ヨガをして自分を知る。そんなシンプルな毎日を綴る日記


by miyuki-nkgw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30